スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

whatever

寒いので窓を閉めようと窓辺にたったところ、
庭で木登りするねこを見上げる恋人がいた。
後ろ手を組み、微笑むように木の上を見上げる恋人は、
ぼくに気づくと「元気にしてる?」と笑顔を向けた。
「あぁ。相変わらずさ」と答えながら庭に出て
「お前はどうしてる?」と聞いたところで目が覚めた。

開けっ放しの窓辺にはねこのシルエットが浮かんでいて
時折しっぽがゆらりとしていた。
せっかくの夢ならば
せめて元気かどうかの返事くらいは聞かせてほしいなと思いながら
まだ薄暗い明け方の面影を今日は一日引きずっていた。
たぶんもう何日かはこんな調子だろう。











スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。